矯正治療について

矯正治療についてページに戻る
表側の矯正裏側の矯正マウスピース矯正インプラント矯正

大人の矯正治療

成人矯正(大人の矯正)とは

矯正治療は子供の頃にするもの・・と諦めていませんか?

子供だけでなく大人も行うことができます。基本的には歯の代謝機能を活かして行うものですから、大人になってからでも健康な歯と歯肉があれば、何歳でも矯正治療は可能です。

大人の場合は発育段階の子供と違い、歯並びや咬み合わせ、口元の形態などを対象とした治療を行います。

咬み合わせの悪さが肩こりや、歯周病、発音の不明瞭さの原因になる場合もあります。成人矯正の治療目的は、歯並びや咬み合わせをきれいに整えることでしっかり咬めるようにすると同時にこれらの二次的な悪い影響を予防することにもつながります。

成人矯正では見た目はもちろん咬む機能と心身の健康を増進させようとする医療なのです。

最近では、学生や社会人はもちろん、40代、50代、またさらに年齢を重ねられた方で矯正治療を始められる方が増えています。いくつになっても健やかで美しい笑顔は魅力的なものです。患者さまのライフスタイルや歯並びの状態に合わせて様々な矯正装置や方法がございます。

<大人と子供の矯正治療の違い>

大人と子供では、治療方針・方法に大きな違いがあります。顎の成長がまだ発育段階にある子供の場合、矯正治療はその成長発育を利用して顎の成長を正しい方向に導いたり、永久歯の萌出スペースを作ったり歯と顎を理想的な位置に誘導しながら進めていきます。子供の治療期間が「第1期」と「第2期」に分かれ、治療期間も数年にわたるのはそのためです。

一方、すでに成長発育が止まっている大人の場合、顎の位置は確定し、大きさも完成しているため、それを基準に歯を移動させて歯並び、咬み合わせを治療していきます。

歯の表側に装置をつけて行う最も一般的な方法です。
当院では目立たない透明の装置やセルフライゲーションブラケットを使用しています。

セルフライゲーションブラケットについて

歯を動かすワイヤーは、従来の装置では細い針金、あるいは輪ゴムを使ってブラケット(歯の表面に付ける装置)に固定していました。
セルフライゲーションブラケットではブラケット自体がワイヤーを保持する構造を持つために、従来のブラケットに比べてワイヤーとブラケット間の摩擦抵抗(フリクション)が軽減されることにより、スムーズに歯を移動させることができるようになりました。
これにより初期の歯の移動に伴う痛みが軽減し、治療期間を短縮することができます。

当院での使用経験では、治療期間が約20%前後短縮する傾向にあります。
当院では審美性に優れて、変色のないセラミックブラケットでありながらフリクションフリーのブラケットであるデーモンクリアと最も審美性に優れているラディアンスを採用しています。

セルフライゲーションシステムのメリット

  • 歯を動かすときの痛みが少ない
  • 治療期間が約20%~30%短くなる
  • 通院の回数が少なくなる
  • 歯を抜かずに治療できる可能性が高くなる
  • 歯を支える組織に優しい

セルフライゲーションシステムのデメリット

  • 装置が従来のものより少し大きいため違和感がある

※クリアブラケット7+クリアスナップは上記には該当しません。

▼ デーモンシステム

アメリカのDr. Damonにより開発された特殊な表側矯正装置です。
ワイヤーを固定せず、円滑に歯を動かせます。通常の表側矯正装置と比べ、歯の動きが早く、痛みが少なくてすみます。

デーモンシステムの詳細ページ


▲ デーモンシステム

▼ エンパワー

2つの機能を自由に組み合わせできる最新の表側矯正装置です。
様々な治療方法に合わせて装置を組み合わせますので、患者さまの負担も軽減されます。


▲ エンパワー

▼ ラディアンス

この世で2番目に硬い鉱石である純粋なサファイアの単結晶で作られた表側矯正装置です。
ブラケットを装着してみてもラディアンスはほとんど目立たず、患者さまの審美的な要望に可能な限り応えます。


▲ ラディアンス

歯の裏側(舌側)に装置をつけて行う方法で、舌側矯正またはリンガル矯正と呼ばれています。
外からは見えないため、人目を気にせずに治療が受けられます。

装置の改良で従来の裏側の装置の欠点であった舌への不快感、
発音への問題点も大幅に軽減されています。

ワイヤーの装置に抵抗があって矯正治療を避けてきた方や職業柄どうしても表側の装置では矯正治療ができなかった方も裏側の装置で見えない矯正を始めてみませんか。

裏側の矯正の詳細ページ

PAGE TOP

最も目立たない矯正装置です。

インビザラインとは、アメリカのアラインテクノロジー社が開発した透明で薄いマウスピース型の矯正装置です。全世界で70万人以上の患者さまの矯正治療に使用されています。

透明で薄いため、口元の見た目は装着しているのがほとんどわかりません。

また、取り外しが可能なため衛生的です。

自宅治療が可能なため、通院回数(1.5~3ヶ月に1度)も少なくて済みます。

ただし症状によっては使用できない場合がありますので、ご相談ください。

インビザラインの詳細ページ

PAGE TOP

歯科矯正用アンカースクリューを一時的に顎の骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かす方法です。患者さまに補助的装置やエラスティックの使用の負担を軽減します。

矯正装置だけでは難しかった歯の動きを可能とし、非抜歯や外科手術の回避、治療期間の短縮が期待できる治療法です。表側または裏側の矯正装置と併用して治療を行います。

インプラント矯正の詳細ページ


▲ デュアル・トップ オートスクリューⅡ JB

PAGE TOP

矯正治療の流れについてや、現状態での簡単な見積もりをご希望の方はご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-994-418 / メールでのお問い合わせはこちら

0120-994-418〒616-8104 京都府京都市右京区太秦下刑部町12番地サンサ右京1F
TEL : 075-863-5422

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎口腔機能診断施設・歯科矯正診断施設

 (C) もり矯正歯科 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
リンク
サイトマップ