よくあるご質問

矯正治療についてに戻る

FAQ LIST

虫歯があるのですが、矯正治療は行えますか?
行えます。ただし、初めに一般歯科で処置を受けて頂く必要がございます。
差し歯を矯正治療で動かすことは可能ですか?
矯正装置で歯を動かすことは可能です。
歯を抜かないといけないですか?
できる限り歯を抜かない治療を目標としていますが、歯とあごの大きさのバランスが崩れている場合や骨格的な不調和などにより、どうしても歯を抜かないとよい咬み合せがつくれない場合は、抜歯させて頂くこともあります。
いつから始めるのがよいですか?
治療開始時期は、歯並び、咬み合わせの症状によって異なります。
お気づきになられた時点でまずはご相談ください。
最適な開始時期をアドバイスいたします。お気軽にご連絡ください。
痛いと聞いたのですが大丈夫ですか?
矯正治療の痛みの原因には2つあります。
1つは、装置が唇や頬の内側に当たって痛みが出ることがあります。この痛みはシリコンワックスなど専用の材料で装置を覆うことで対応できますし、徐々に慣れてくるものです。
もう1つは、歯を動かしたときの痛みです。これにはかなり個人差があり、歯に力を加え始めて1~4日間は歯が浮いたような痛みが出ます。その後1週間以内に軽くなっていきますが、中にはまったく痛みを感じない患者さまもいらっしゃいます。当院で採用しているセルフライゲーションブラケットは痛みが少ないと好評をいただいております。
矯正治療を行えない場合はありますか?
歯周病や虫歯のある方は、その治療を行う必要があります。
親知らずがあるのですが、矯正治療は行えますか?
行えます。最初に検査をお受けいただき、 抜歯の必要性があるかどうか診断させていただきます。
矯正装置は目立ちますか?
矯正装置にはたくさんのタイプがありますので、目立たせたくない方にはマウスピース矯正裏側の矯正装置をご用意しております。
マウスピースは透明ですので、他人に気づかれにくくなります。
矯正装置を取り外すことは可能ですか?
インビザラインのマウスピース型の矯正装置を使用すれば、取り外しことも可能です。
インプラント矯正とは、どのような矯正ですか?
歯科矯正用につくられたアンカースクリューを顎の骨に埋め込み固定する事で、歯の動きを可能とし、治療期間の短縮させ、外科手術(顎を切る等)が必要な方でも治療することが可能となりました。
インプラント矯正について

0120-994-418〒616-8104 京都府京都市右京区太秦下刑部町12番地サンサ右京1F
TEL : 075-863-5422

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎口腔機能診断施設・歯科矯正診断施設

 (C) もり矯正歯科 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
リンク
サイトマップ